集団訴訟(Class Action)で和解金GET?

アメリカの集団訴訟

アメリカに住んでいると「集団訴訟(Class Action)のお知らせ」の葉書が送られてくることがある。訴訟を起こしたつもりがなくても、過去に使っていた携帯電話やサービス、購入した製品にエラーや不正があった、などでいつのまにか集団訴訟のいち員になっている。参加したくない場合は葉書を無視し、何もしなくてOKですが、実際に被害を被るなどして、集団訴訟参加したい場合は、葉書に記載してあるウェブサイトにアクセスし、自分の情報を登録することで、後日小切手などが送られてくる。また葉書が送られてこない場合でも、インスタの広告などで「XXに当てはまる人!XXドルもらえるかもしれません!」というような広告で、集団訴訟の参加者を募っているケースがよくある。

過去にニュースになったアメリカの集団訴訟には以下のようなものがある。

「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代わりに10ドル授けます|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

トヨタ「プリウス」のブレーキ不具合、米国で初の集団訴訟 | Reuters

また、最近だと、Facebookの個人情報漏洩に関しての集団訴訟が$725ミリオンで和解している。

Facebook users can now claim settlement money. Here’s how. – CBS News

その他に、現在進行している集団訴訟については、以下のウェブサイトで検索することができる。自分が損害を被っていない訴訟に参加するのは、当然NGだが、もしかつて利用していたサービスや被害を受けたケースが事件化していたら、和解金を受け取れるかもしれない。

topclassactions.com

Good luck and happy savings!!

集団訴訟実務マニュアル
Q&A新しい集団訴訟―消費者裁判手続特例法のポイントと実務上の対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました