アメリカン節約記

在米邦人のための節約情報

日本の電気機械は、アメリカでそのまま使えるの?変圧器が必要な場合とは?変圧器の種類、そしてオススメ変圧器はこれだ!

【ハイパワー 改良版】海外旅行用変圧器 2300wハイパワー Type-C+QC 3.0+2つのUSBポート 90V-260Vto90V-120Vに変換 1.5mコード 騒音なし Rainyb (ホワイト)

ども、アメリカ節約情報 (@amesetu) です。

今日は、「日本の電気製品をアメリカで使う方法」についてお届けします!

きっかけはこちらのツイート。

他にもアメリカに行かれる方からよく「アメリカって変圧器必要?」や、「アメリカのコンセントに日本のプラグって使えるの?」と言う質問を受けます。電子製品や家電製品などを日本から持っていく場合、どれも高価なものですし、現地では手に入らないものも多いので、今回は、そんな疑問を解消すべく、アメリカ生活においての変圧器の必要性についてご紹介したいと思います。

アメリカの電圧と日本の電圧

アメリカの電圧は120ボルト、周波数は60ヘルツです。
日本の電圧は100ボルト、周波数は東日本が50ヘルツ、西日本が60ヘルツです。
 アメリカは、日本より20V電圧が高くなっています。

日本の電化製品をアメリカでそのまま使える?

簡単な答え:そういう場合もあります!

日本の電気製品の表示を見て、対応電圧(100V-240V)と書いてあれば、120Vのアメリカでも使えます。例えば、iPhone純正の充電器とかは、電圧100V〜240Vなので、問題なくそのまま使えます。

しかし、電圧が100Vオンリーのの場合、厳密には、アメリカで使うと少し高い電圧の電気が機器に流れ込むことになります。その場合「絶対使えない」というわけではないですが、事故や故障の可能性が出てきます。

ぶっちゃけ短時間なら大丈夫?

簡単な答え:おすすめしませんが、使えることはあります。

※オススメしませんが、わたしの個人的な体験です。わたしは、日本から持ってきたドライヤーをアメリカで数年間使っていました。そして特に問題はありませんでした。でもドライヤーって短時間しか使わないし、保証はできません。皆さんは、必ず変圧器をゲットしてください!特に長時間使う電気機器をアメリカで使う場合などは必須かと思います。故障を防ぐことで結果的には節約につながるはずです。

アメリカでも使えるドライヤー

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 海外対応 シルバー EH-NA59-S

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 海外対応 シルバー EH-NA59-S

変圧器を使わなくても、そのまま外国で使えるドライヤーが売られています。ぶっちゃけ、ある程度以上のランクのホテルであればアメニティーとしてドライヤーはついてきますが、それでも国やホテルのレベルによってはドライヤーがないホテルもあります。または、備え付けのドライヤーのパワーがとても弱いこともありますのでマイドライヤーを持っていく人は参考にしてみてください。

変圧器の種類

変圧器にもいろいろな種類があります。

育良精機 ポータブルトランス PT30T 昇降圧兼用 AC100/200兼用V

育良精機 ポータブルトランス PT30T 昇降圧兼用 AC100/200兼用V

カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240V 100W TI-1002

カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス 240V 100W TI-1002

  • ダウントランス:電圧を下げてくれる降圧機です。日本の電気製品を海外で使う時に便利です。

カシムラ 海外国内用型変圧器 220-240V/550VA NTI-27

カシムラ 海外国内用型変圧器 220-240V/550VA NTI-27

  • アップトランス:電圧を上げてくれる変圧器です。海外で買った電気製品を日本国内で使う時に便利です。

おすすめの変圧器の種類

旅行などには、小さなものでいいと思いますが、ずっと家庭で使う場合は、据置式の大きなものがおすすめです。大量の消費電力に対応できるものはサイズもお値段もかなり大きくなってきます。

旅行先で、パソコンやデジカメ、電気毛布などを使う程度でしたら、旅行用のコンパクトなものでいいと思います。


Happy saving!!